グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  当院について >  院長のあいさつ

院長のあいさつ


 本年度から岡崎市民病院の院長を拝命しました早川文雄と申します。当院のホームページをご覧いただき、心から感謝申し上げます。私は岡崎生まれの岡崎育ち、ふるさと岡崎を愛する気持ちは誰にも負けないつもりです。すべての岡崎市民の皆さまが、あまねく最良の医療サービスが受けられますよう、全力で取り組んでまいりますので、ご支援とご協力、ご指導をよろしくお願い申し上げます。
 さて、岡崎市民病院は人口39万人の岡崎市民、隣りの幸田町民を合わせて43万人を対象とした、高度急性期医療を得意とする地域中核病院です。このたび、愛知県がんセンター愛知病院を平成31年4月に愛知県から岡崎市に移管することとしました。愛知病院に通院されている患者さまには何かとご心配をおかけしておりますが、岡崎市が責任を持って今後も引き続き充実した医療を提供してまいりますので、どうぞご安心ください。
 愛知病院は、これまで専門性の高いがん診療を実践してまいりましたが、急変に対応する体制が十分でなく、全身の合併症をお持ちの患者さんの受け入れにも制約がありました。愛知病院のがんセンター機能を当院に移すことで急変に対応できる体制が整い、あらゆる全身の合併症にも対応できるようになり、すべてのがん患者さんを総合的かつ濃密に診療できる体制が整います。
 当院は、これまで最先端の放射線治療機器を導入するなど先進的医療に積極的でしたが、今後はPET検査機器を導入する予定など、更に高度な医療を受けることができる環境を整えてまいります。
 そして、平成32年度にはJR岡崎駅の西に藤田岡崎医療センター(仮称)が稼動予定です。これまで、地域によっては当院までの距離が遠いため、市外の病院を選ばれた方も多いようですが、そういった患者さまに対して同センターが大きく貢献していただけることを期待し、岡崎市民病院と同センターは強い連携をとりながら、お互いが補い合う関係を築き、岡崎・幸田の医療サービス向上にむけ取り組んでまいります。
 最後になりましたが、私ども病院職員のスローガンは「届けよう笑顔と思いやり、築こう人が輝く病院を!」です。病院を受診されるすべての患者さまは必ずご心配や苦痛、困難をお持ちです。そういった方々に、当院は全職員が一丸となりスローガンの実現をめざして努力してまいります。市民の皆さまはご期待とご安心を込め、困ったときにはぜひ岡崎市民病院をご活用下さいますよう、十分な体勢を整えてお待ち申し上げます。 
(2018年4月)

岡崎市民病院長 早川 文雄


過去のあいさつ一覧