グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  当院について >  理念・基本方針

理念・基本方針


理念

私たちは、地域住民に信頼され期待される病院であるよう常に努力します。

基本方針

  • 人間愛を基本とした患者中心の医療を行います。
  • 公正で安全な医療を提供し、医療の質の向上に努めます。
  • 地域の急性期中核病院として高度医療、救急医療を推進します。
  • 地域の医療、保健、福祉施設や行政機関と連携して効率的医療を行います。
  • 医療従事者の教育、研修に努めます。

患者さんの権利と責任

医療とは、患者さんと医療者が、情報を交換して理解しあい、よきパートナーとして信頼関係を築いたうえで、協力して作り上げていくものです。私たちはこのような考えに基づき、患者さんにも主体的に医療に参加していただくことを願い、ここに患者さんの権利と責任を定めます。

患者さんの権利

[適切な医療を受ける権利]
良質で安全な医療を平等に受けることができます。

[知る権利]
症状・検査・治療について十分な説明を受けることができます。
院内の他の医師や他の医療機関の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利があります。
診療記録の開示を求める権利があります。

[自己決定および医療機関を選択する権利]
十分な説明を受けた後、治療や検査を受けるか受けないか、どの医療機関で受けるかを決定する権利があります。

[プライバシーが保護される権利]
医療上の個人情報は保護されます。

[尊厳が守られる権利]
いかなる場合でも患者さんの人格が尊重され、その尊厳が守られる権利があります。

患者さんの責任

[ご自分の情報を提供する責任]
患者さん自身の医療に関する情報を提供してください。

[医療に協力する責任]
患者さんも治療に参加してください。

患者さんの権利と責任を実践するために

患者さんの権利と責任を実践するために、私たちは以下のような努力をいたします。
※患者さんにもご協力をお願いいたします。

1. 患者さんの医療にかかわる情報(病歴、薬歴、アレルギー歴など)を詳しく伺います。

※患者さんは、ご自分の情報をできるだけ保存し、必要な情報を私たちにお知らせください。

2. 説明と同意に基づいた医療を行います。わかりやすい言葉で説明します。
また検査結果や病気の治療法などについて説明文書やパンフレットを作成します。

※患者さんは理解できないことがあればいつでも質問してください。

3. セカンドオピニオンのご希望があれば必要な情報を提供します。

※患者さんは他科の医師や院外の医療機関の医師の意見をお聞きになりたいときは、遠慮なくお申し出ください。

4. 医療の安全確保の向上に努めてまいります。
特に注射、処置、検査等にあたって誤認のないように十分確認をいたします。

※患者さんは、処置等を受けられるとき、お名前の確認にご協力ください。
※治療中、処置中に不安、異変を感じることがあったら、お申し出ください。

5. 患者さんにとって最善な医療の提供と、快適な医療環境づくりに努めます。

※患者さんは、私たちの指示や病院の規則に従ってください。
※他の患者さんの治療に支障を与えることがないようご協力ください。

6. 患者さんやご家族の医療に関しての不安、不満、提案などの声に耳を傾けます。

※医療相談室や提案箱を用意しておりますので、ご利用ください。
※患者さんへのアンケートにご協力ください。

臨床倫理方針

  1. 患者さんにとって最善の医療を提供します。
  2. 患者さんの信条、価値観に配慮し、患者さんの意思を尊重します。
  3. 国籍、民族、性別、職業、地位などによって左右されることなく公正公平な医療を提供します。
  4. 倫理的問題を含む医療行為(※)については関係法規、ガイドラインを遵守します。また必要に応じて倫理委員会において審理し、その決定に従った医療を提供します。
  5. 医学の進歩に必要な臨床研究を積極的に行いますが、その実施にあたっては臨床研究審査委員会で審議します。
※倫理的問題を含む医療行為についての各論的事項
  1. 宗教上の理由により輸血を拒否する場合には、当院の「輸血を拒否する患者に対するマニュアル」に基づいて対応します。
  2. 終末期医療における延命、治療の差し控えについては当院の「終末期医療についての基本方針」に基づいて対応します。
  3. 遺伝学的検査・診断については、遺伝医学関連学会「遺伝学的検査に関するガイドライン」等のガイドラインに沿い、必要に応じて倫理委員会でその是非を審理し、その決定に従います。
  4. 臓器提供、脳死判定については当院の「臓器提供についての手順書」に基づき対応します。
  5. 薬剤や診療材料の保険適応外使用については個々の症例について倫理委員会でその是非を審理し、その決定に従います。
2012年4月改定
病院長