グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  当院の取り組み >  がん診療情報

がん診療情報


当院は愛知県がん診療拠点病院として5大がん(肺がん・胃がん・肝がん・大腸がん・乳がん)をはじめとして様々な がん腫等の診断および治療を行っております。各がん腫のおもな診療科(診断、治療)は次のとおりです。
肺がん(呼吸器内科、呼吸器外科、放射線科)、胃がん(消化器内科、消化器外科)、肝がん(消化器内科、消化器外科、放射線科)、大腸がん(消化器内科、消化器外科)、乳がん(外科、放射線科)、前立腺がん(泌尿器科、放射線科)、膀胱・腎がん(泌尿器科)、脳腫瘍等(脳神経外科)、リンパ節・血液の腫瘍(血液内科)、子宮・卵巣がん(産婦人科)、口腔・舌腫瘍(口腔外科)、咽頭がん(耳鼻科、放射線科)、皮膚腫瘍(皮膚科)、甲状腺がん・副腎腫瘍(内分泌内科、外科)、食道・膵臓がん(消化器内科、消化器外科、放射線科)など。
放射線治療は放射線治療室で行っています。外来での抗がん剤等の化学療法は、外来治療センターで行っています。また、がんにかかられた方やその家族の方の様々な相談には、がん相談支援センターにお気軽にお越しください。がんによる症状がある方は緩和ケア外来の受診もおすすめします。
院内がん登録とは
院内がん登録とは、国のがん対策を推進するための事業の一つであり、がん診断や治療をうけられた患者さんについて情報を集め全国統一のルールで登録する仕組みです。当院においても、がんの診断、治療、予後に関する情報を登録・集計し、がん診療の質の向上とがん患者さんの支援を目的として行っています。

院内がん登録の利用について

当院で登録された情報は、以下の目的で利用しています。
  • 当院におけるがん診療の把握
  • がん診療の支援・研究・教育のための資料
  • 全国がん登録事業への情報提供
  • 生存率の計測

個人情報の取り扱いについて

院内がん登録により得た情報は、岡崎市個人情報保護条例および、岡崎市民病院個人情報保護マニュアルに従い、取り扱いに十分配慮しています。

集計について

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。