グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  当院の取り組み >  病院機能評価

病院機能評価


第三者機関による病院機能評価の認定更新によりVer.6を取得しました。

病院機能評価受審の履歴

岡崎市民病院は、日本医療機能評価機構の定める認定基準を達成しているとして、平成15年6月16日にVer.3の認定を取得いたしました。その後平成20年9月29日にはVer.5で認定を更新され、さらに平成25年4月5日には、Ver.6の認定を取得いたしました。

病院機能評価新評価項目について

評価項目は、下記の6領域から構成されています。各領域には、大項目・中項目・小項目の3階層構造で評価項目が設定されています。審査は、小項目について(abc)の判定を行い、それを踏まえて上位の中項目について5段階評価をするという手順で実施されます。
第1領域 「病院組織の運営と地域における役割」
第2領域 「患者の権利と医療の質および安全の確保」
第3領域 「療養環境と患者サービス」
第4領域 「医療提供の組織と運営」
第5領域 「医療の質と安全のためのケアプロセス」
第6領域 「病院運営管理の合理性」

病院機能評価受審の趣旨

病院を始めとする医療機関が提供する医療サービスは、医師、看護師等様々な専門職種の職員の技術的、組織的連携によって担われていますが、医療の受け手である患者のニーズを踏まえつつ、質の高い医療を効率的に提供していくためには、医療機関の自らの努力が最も重要であり、機能の一層の充実・向上が図られる必要があります。
それを実行する手法として、医療機関の機能を自ら評価(自己評価)したものに対し、客観的な第三者(病院機能評価機構)が示した基準となる審査項目に照らすことにより、具体的な改善点を明らかにし、職員一丸となって、市民に信頼される病院になるために改善を効果的に推進していくことが受審の趣旨です。

今後も、継続的な改善に努めますので、ご意見をお寄せください。

認定証

2013年4月5日交付の認定証