グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療科 >  脳神経内科

脳神経内科


脳神経内科は脳、脊髄、末梢神経、筋肉の障害によって起こる様々な病気を専門とする診療科です。脳神経内科で診療する病気は、特別な治療を要しない疾患から、厚生労働省指定の神経難病まで様々です。主な病気は次のようなものがあります。
病気の種類 病名
脳や脊髄の血管がつまったり破れたりして生じる病気 脳梗塞、一過性脳虚血発作、脳内出血など
中枢神経や末梢神経の細胞がだんだんと変性して生じる病気 アルツハイマー病、パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など
神経系に細菌やウイルスなどの感染性物質が入り込んで生じる病気 脳炎、髄膜炎、クロイツフェルトヤコブ病など
神経系の細胞に対しての免疫系の異常な反応によって生じる病気 多発性硬化症、重症筋無力症、ギランバレー症候群など
発作性にけいれんや意識障害などを生じる病気 てんかん、失神、めまいなど
頭痛を繰り返す病気 片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、三叉神経痛など
脊髄や神経根の病気 脊髄症、脊髄空洞症、脊髄炎など
末梢神経の病気 多発神経炎、顔面神経麻痺など
筋肉の病気 筋ジストロフィー、多発性筋炎、周期性四肢麻痺など


対象疾患

  • 手や足に力が入りにくい。
  • 身体が動かしにくく、動作が遅い。
  • 言葉がうまくしゃべれない。
  • くりかえす頭痛がある。
  • 身体の一部または全体がけいれんする。
など
  • 突然意識がなくなる。
  • 他人から歩き方がおかしいと言われる。
  • 筋肉がだんだんと細くなってきた。
  • 足の先がジンジンとしびれる。
  • 物忘れがひどい。

脳神経内科・もの忘れ外来

★脳神経内科 初診外来は、もの忘れ外来を一緒に行っております。
2019年1月1日現在
診察室 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
C



4番 小林洋
(再)
髙木
(新)★
大塚
(新)★
斎藤
(新)★
髙木
(再)
5番
(新)★
斎藤
(再)
前田
(再)

(再)
前田
(新)★
出張・手術などにより休診や代診の場合があります。詳しくは受付にご確認ください。

医師紹介

医師名 資格等
小林 靖 日本神経学会専門医・指導医・代議員
日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
臨床研修指導医講習会修了
辻 裕丈 臨床研修指導医講習会修了
髙木 伸之介 日本神経学会専門医・指導医
日本内科学会総合内科専門医
小林 洋介 日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
日本救急医学会救急科専門医
日本内科学会総合内科専門医
日本神経学会専門医
JMECCディレクター
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
臨床研修指導医講習会修了
前田 憲多郎 日本内科学会認定医
日本臨床神経生理学会技術講習会終了
斎藤 勇紀 日本内科学会認定医
大塚 健司

関連情報

当院では、脳卒中急性期診療に関する多施設共同研究や治験へ参加するとともに、自主臨床試験を複数計画し、病態解明の研究をしている。また、パーキンソン病などの神経筋変性疾患に対し多数例を通じて、新たな定量的指標の開発、各種治療の試行を行っており、学会発表や論文投稿を積極的に行っている。
当院は名古屋大学神経内科の関連病院の一つであり、日本神経学会認定教育施設、日本脳卒中学会認定研修教育病院である。