グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  認知症疾患医療センター >  認知症とは >  代表的な認知症と主な症状

代表的な認知症と主な症状


代表的な認知症

  • アルツハイマー型認知症
  • レビー小体型認知症
  • 脳血管性認知症
  • 前頭側頭型認知

認知症の主な症状

認知症の症状は「中核症状」と「行動・心理症状」の大きく2つに分けられています。脳の細胞が死んでしまうことを直接の原因として起こる中核症状と、中核症状をもとに、もともとの本人の性格や人間関係・生活環境、心の状態などにより出てくる行動・心理症状があります。
行動・心理症状は、治療や対応により改善の効果が得られやすい症状です。

どのように接したらいいのでしょう?

認知症の症状は多くの場合、本人にも自覚があり今までできていたことができない現実に、「何かおかしい」と感じています。不安な気持ちから、受診や介護を拒んだり、怒ったりする防衛反応が起きることが多くあります。
本人の気持ちに配慮しながら「3つのない」を基本にして接すると、落ち着いた生活を送ることができます。

1.驚かせない
2.急がせない
3.自尊心を傷つけない

「3つのない」をお願いします。