グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  当院の取り組み >  緩和ケア >  緩和ケア病床

緩和ケア病床


緩和ケア病床

苦痛な症状を和らげ、その人らしく生きることを支援する専門病床です。症状コントロールの他、自宅療養しているがん患者さんの短期入院などにも対応しています。

●緩和ケア病床対象の方

1.がんによるつらい症状で困っている
痛みなどのつらい症状を和らげる治療が必要なときに、入院して薬剤調整などをします。個人差はありますが、入院期間は1~2週間程度です。

2.通院が難しいが、在宅療養の準備ができていない
体力の低下などで、通院や入浴などの日常生活が困難になった時に、一時的に入院して自宅で生活する準備のお手伝いをします。2週間程度でご自宅に退院できます。

3.ご家族が介護で疲れてしまった(疲れないために)
介護しているご家族に休養が必要な時、あるいは、ご都合で介護が難しい時期に、短期間(2週間程度)緩和ケア病床へ入院をしていただくことができます。

4.病気が進行して、自宅で過ごすことができなくなった
病気が進行して、自宅で生活ができなくなった場合に、入院して専門的な緩和ケアを受けていただくことができます。入院期間は個別の事情にあわせて相談します。

●病室について

・一般個室(4人部屋)と有料個室があります。
・一般個室A:1日につき 9130円
・一般個室B:1日につき 8140円
利用状況により、ご希望に添えない場合もあります。

●緩和ケア病床へ入院するには

緩和ケア病床へ入院を希望される方は、がんサポート外来を受診して下さい。完全予約制のため、受診にあたっては、現在の主治医に相談して予約してください。
外来受診日は、ご本人だけではなく、ご家族の方も一緒に来院して下さい。ご本人が事情で受診できない場合は、ご家族のみで受診して頂くこともできます。但し、自由診療となることをご了承下さい。
緩和ケア病床に入院の方針となった場合、病床の手配ができ次第、順次、入院の連絡をさせて頂きます。

●緩和ケア病床によくある質問Q&A