グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  部門 >  がんセンター >  緩和ケア

緩和ケア



1. 緩和ケア

緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア(特定非営利活動法人日本緩和医療学会による『市民に向けた緩和ケアの説明文』)とされています。

さらにわかりやすく一言でいうと「病気に伴う心と体の痛みを和らげること」(厚生労働省緩和ケア推進検討会)となります。

がん患者さんや家族は、がんと診断されたとき、治療の経過、あるいは再発や転移がわかったときなどのさまざまな場面でつらさやストレスを感じます。緩和ケアでは患者さんと家族が自分らしく過ごせるように、医学的な側面に限らず、いろいろな場面で幅広い対応をしていきます。
がんの療養中は、痛みや吐き気、食欲低下、息苦しさ、だるさなどの体の不調、気分の落ち込みや絶望感などの心の問題が患者さんの日常生活を妨げることがあります。これらの問題はがんの療養の経過中、程度の差はあっても多くの患者さんが経験します。

図1. 全人的苦痛(トータルペイン)をもたらす背景

「がんの治療のことではないから」と相談できずにひとりで抱え込んでしまったり、「症状だけをなくしても、がんが治るわけではないから」「気持ちの持ちようだから」と症状を和らげることに消極的な人もいます。

今までのがん医療の考え方では、「がんを治す」ということに関心が向けられ、医療機関でも患者さんの「つらさ」に対して十分な対応ができていませんでした。しかし、最近では、患者さんがどのように生活していくのかという「療養生活の質」も「がんを治す」ことと同じように大切と考えられるようになってきています。患者さんを「がんの患者さん」と病気の側からとらえるのではなく、「その人らしさ」を大切にし、身体的・精神的・社会的・スピリチュアル(霊的)な苦痛について、つらさを和らげる医療やケアを積極的に行い、患者さんと家族の社会生活を含めて支える「緩和ケア」の考え方を早い時期から取り入れていくことで、がんの患者さんと家族の療養生活の質をよりよいものにしていくことができます(図1)。

2. 緩和ケアを受ける時期

緩和ケアを、がんの進行した患者さんに対するケアと誤解し「まだ緩和ケアを受ける時期ではない」と思い込んでしまう患者さんや家族は少なくありません。

しかし、緩和ケアは、がんが進行してからだけではなく、がんと診断されたときから必要に応じて行われるものです。

図2.がんの治療と緩和ケアの関係の変化


3. 緩和ケアを受けるには

[1] 緩和ケアチーム

緩和ケアチームは体と心のつらさなどの治療のほか、患者さんの社会生活や家族を含めたサポートを行うために、さまざまな職種のメンバーが関与しています。担当医や看護師に加えて、緩和ケアチームの診療を受けることで、担当医が変わることはありません。緩和ケアチームの診療は、担当医から勧められることもありますが、患者さんや家族から希望することもできます。つらい症状が続いている場合には、我慢しないで緩和ケアを受けましょう。
表1. 緩和ケアチームにかかわるさまざまな職種と役割
医師 痛みなどの体の症状の緩和を担当する医師と、精神症状の治療を担当する医師が、担当医と協力して治療を行います。
看護師 患者さんや家族の日常生活全般についてのアドバイスを行います。転院や退院後の療養についての調整も行います。
薬剤師 患者さんや家族に薬物療法のアドバイスや指導を行います。また、医療者に対して専門的なアドバイスを行います。
ソーシャルワーカー 療養にかかわる助成制度や経済的問題、仕事や家族などの社会生活、療養する場所についての相談などを担当します。
心理士 気持ちの問題などについてカウンセリングを行ったり、心理検査などを行います。家族のケアも担当します。
栄養士 食べたりのんだりすることにかかわる問題に対応して食事の内容や食材、調理法についてのアドバイスを行います。
リハビリテーション 患者さんの自立を助け、日常生活の維持のためのアドバイスや治療を行います。

[2] 当院の緩和ケア外来

外来で主治医や地域の医療機関と連携して支援します。
診察日: 月・火・木曜日 13時30分~15時00分 金曜日 13時00分~14時30分
※完全予約制
当院通院中の方 主治医に「緩和ケア外来受診希望」とお伝え頂き、受診について相談してください。
他院通院中の方 通院中の主治医に当院緩和ケア外来受診希望とお伝え頂き、病診連携に連絡の上、 予約をしてください。(当院には緩和ケア病棟はありません。)

[3] 緩和ケア病棟

緩和ケア病棟は、がんの進行に伴う精神的な症状があり、がんを治すことを目標にした治療(抗がん剤治療やホルモン療法、放射線治療や手術など)が困難となったり、あるいは、これからの治療を希望しない方を対象としています。
緩和ケア病棟と一般の病棟の違いには以下のような点があります。
  1. 体と心の苦痛緩和に力を注ぐ
  2. 苦痛を伴う検査や処置を少なくしている
  3. 患者さんや家族がくつろげるデイルームがある
  4. 面会時間の制限が少ない
  5. 患者さんの家族がすごしやすい設備がある
表2. 愛知県内の緩和ケア病棟の一覧(リンクは別ウィンドウで開きます)
名古屋第一赤十字病院 名古屋市中村区道下町3-35
聖霊病院 名古屋市昭和区川名山町56
協立総合病院 名古屋市熱田区5番町4-33
名古屋掖済会病院 名古屋市中川区松年町4-66
南生協病院 名古屋市緑区南大高2丁目204番地
豊橋医療センター 豊橋市飯村町字浜道上50
名古屋徳洲会総合病院 春日井市高蔵寺町北2-52
津島市民病院 津島市橘町3-73
刈谷豊田総合病院 刈谷市住吉町5-15
JA愛知厚生連 豊田厚生病院 豊田市浄水町伊保原500-1
JA愛知厚生連 安城更生病院 安城市安城町東広畔28
江南厚生病院 江南市高屋町大松原137
小牧市民病院  小牧市常普請1-20
藤田医科大学病院(旧称 藤田保健衛生大学病院) 豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98
愛知国際病院ホスピス 日進市米野木町南山987-31
済衆館病院 北名古屋市鹿田西村前111
JA愛知厚生連 海南病院 弥富市前ヶ須町南本田396
※緩和ケア病棟への転院希望などご相談は、当院がん相談支援センター、または地域医療連携室へお問い合わせ下さい。

[3] 自宅での緩和ケア(在宅緩和ケア)

緩和ケアに関連する治療の多くは、自宅でも行うことが出来ます。
多くの患者さんにとって、自宅は安心できリラックスすることができる療養環境です。体の状態が安定していれば、自宅での療養は難しいことではありません。自宅で、あるいは慣れ親しんだ地域の介護施設で緩和ケアを受ける患者さんを支える在宅医や訪問看護師が岡崎市内で活動しています。介護保険も利用して、自宅で療養を続け、そのまま安心して看取りをすることも可能になってきています。一人暮らし、家族が高齢などの理由で医療の継続(点滴や痛みの緩和など)や介護などの不安や心配があるかもしれません。しかし、訪問診療や訪問看護、地域の調剤薬局などの医療と療養介護の両側面から支援があれば、最期まで安心して自宅で過ごすことも可能です。「家に帰りたい」「慣れ親しんだ家で、地元で過ごしたい」という思いがあれば、医療職、介護職がチームを組んでサポートしますので、ご希望を伝えてください。
※自宅での緩和ケアをご希望などご相談は、当院がん相談支援センター、または地域医療連携室へお問い合わせ下さい。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。


4. がんの痛みと緩和ケア

がんに伴う体の痛みのほとんどは、鎮痛薬を適切に使うことで治すことができます。痛みを和らげるために必要な量は、痛みの原因や、強さ、鎮痛薬に対する反応の個人差などによって異なります。そのため、それぞれの患者さんにとって十分に痛みを止めることができる量を、患者さんに鎮痛薬の効果を尋ねながら痛みによる生活への影響がなくなる量まで調節していきます。なるべく早いうちに相談して十分な痛みの治療を受けられるようにしていくことが大切です。

[1] どのような痛みでも我慢は禁物です。痛みは我慢しないで、自分で伝えましょう

痛みを長い間我慢すると、夜眠れなくなる、食欲がなくなる、体の動きが制限される、気分がふさぎがちになる、などのように生活に大きな影響を及ぼします。がんの痛みは軽いうちに治療を始めれば、短期間に十分な鎮痛が得られるものがほとんどです。痛みの治療を早い時期から始めるためには、自分の痛みの症状を医療者に十分に伝えることが大切です。本当の痛みの状態は、患者さんにしか分かりませんので、具体的な表現をすることが重要です。「いつから」「どこが」「どのようなときに」「どんなふうに」「どのくらい」痛むのかを、言葉にして表現することで、患者さんにしか分からない痛みを医療者も共有することができます。これらの情報についてメモを作って医師や看護師に見てもらうことも大変参考になります(表2)。
表3. 痛みを伝えるときの大切な点
時期 痛みは1日中あるか、どんなときに痛いのか、たいていはよいけれど時々急にいたくなるのか、など。
場所 どこが痛いのか、1カ所か広い範囲なのか、痛む場所はいつも同じなのか、など。
感じ方 鋭い痛みか鈍い痛みか、ビリビリ、ジンジン、ズキズキ、しびれた感じ、ヒリヒリ、キリキリ、しめ付けられる感じ、など。
日常生活への影響 トイレやお風呂のときつらい、眠れない、食べられない、体が動かせなくて困る、座っているのもつらい、何も手に付かない、など。
痛みの程度 イメージできる最も強い痛みを「10点」、まったく痛みのない状態を「0点」とすると、今回の痛みは何点ぐらいか、など。
痛み止めの効果 「効果が途中で切れる」、「全体に少し和らいだ」、「ほとんど効果を感じない」、など。
痛みを顔で表すときの例
痛みの治療を受けるとき、日々「痛み」の変化を記録しておくと役に立つことがあります。

[2] 痛みを和らげるさまざまな方法があります

医療者は患者の痛みの様子を確認しながら、いろいろなやり方で痛みを軽くするようにしていきます。複数の方法を組み合わせて行うこともあり、医師や看護師などさまざまなスタッフと相談しながら行っていきます。
参考文献
1 国立癌研究センター がん対策情報センター 編著(2012)、がんになったら手にとるガイド、学研メディカル秀潤社
2 がん情報サービス、がんの療養と緩和ケア(別ウィンドウで開きます)