グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  診療科 >  放射線科

放射線科


[放射線診断・血管内治療]
  1. X線写真(いわゆるレントゲン写真)やCT、MRI、RI(放射性同位元素)の画像を症状や血液検査の結果などを参考にしながら解読し病気の診断をすることを「読影」「放射線診断」「画像診断」などといいます。正しい診断をするには幅広い病気の知識とともにCTやレントゲン写真でその病気がどのように写るのかという知識が欠かせません。放射線科医はこの「読影」を日常業務の一つとしており読影結果は文書で主治医に報告しています。「読影」は画像を文字に翻訳する仕事でもあり専門的な訓練が必要です。
  2. カテーテルを使った治療(血管内治療、IVR)を各科と協力して積極的に行っています。外傷における緊急止血、クモ膜下出血・脳動脈瘤のコイル塞栓術、急性期脳梗塞に対する血栓回収療法、大動脈瘤に対するステントグラフト留置術、肝臓癌の化学動注療法や副腎静脈採血(AVS)などが主なものです。
  3. CTを利用して肺や深部の病変組織を正確に採取するCTガイド下針生検や膿瘍ドレナージを行なっています。

統括部長 渡辺 賢一

[放射線治療]
放射線科のなかでも、放射線そのものを治療に用いる領域が「放射線治療」です。手術、薬物療法と並ぶがん診療の柱の一つです。治療の負担が少なく、形態や機能を温存できるという特徴を生かし、がん診療に幅広く用いられます。
  1. 対象疾患
    各種の悪性腫瘍および一部の良性疾患が対象となります。なかでも肺がん、乳がん、前立腺がん、子宮がん、頭頸部がん、食道がん、膵がん、脳腫瘍、血液腫瘍は頻度の高い疾患です。初期治療に放射線治療が用いられない疾患であっても、転移や再発に有用な場合も多くあります。
  2. 診療内容
    各診療科と連携し、適宜手術や薬物療法などと併用しながら治療を行います。当院には直線加速器を用いた治療機2台(トモセラピーHD、シナジー)が設置されています。それぞれ特徴がありますが、どちらも精密な動作と調整が可能な高機能なものです。充実した設備を用いて、症例に応じ強度変調放射線治療(Intensity Modulated Radiation Therapy:IMRT)や定位放射線治療といった高精度放射線治療を行っています。また、密封小線源治療用のシステムも備えており、こちらは主に子宮がんの治療に用いられます。
  ≫放射線治療室

ページ内目次



外来担当表

放射線科

2019年7月1日現在
診察室 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
- 午前 大場 荒川 前原 小木曽 長谷
午後 - - - - -

放射線治療

2019年7月1日現在
診察室 月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診 午前 浅井 大塚 浅井 大塚 -
再診 午前・午後 浅井・大塚 浅井・大塚 浅井・大塚 浅井・大塚 浅井・大塚
出張・手術などにより休診や代診の場合がありますので受付にご確認ください。

医師紹介

医師名 資格等
浅井 龍二 日本医学放射線学会放射線診断専門医
渡辺 賢一 日本医学放射線学会放射線診断専門医
日本脳神経血管内治療学会専門医
荒川 利直 日本医学放射線学会放射線診断専門医
大塚 信哉 日本医学放射線学会日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
長谷 智也 日本医学放射線学会放射線科専門医
日本救急医学会救急科専門医
日本DMAT隊員
小木曾 由梨 日本内科学会認定医
大場 翔太 放射線科専攻医
前原 恵 放射線科専攻医
尾㟢 真優実 救急科専攻医

当院での研修を希望する医学部学生の方へ

「医学部学生の方へ」ページでは、学会施設認定、診療スタッフ、診療内容、活動内容を詳しくご説明しております。ぜひご覧ください。

≫医学部学生の方へ