グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  医療関係者の方 >  医学生さんへ >  研修支援

研修支援



レジデントセンター

総合研修センター所長のもと、担当秘書4名が研修を支援します。

ライブラリー

インターネット環境、電子カルテ閲覧の環境を備えたライブラリーには専属の司書を配置しています。書籍や雑誌の管理とともに、必要な文献の複写や手配に対応してくれます。文献取得に掛かる費用は病院が負担します。

R3年度院内利用可能サイト(研修医関連)

  • Up to Date
  • Clinicalkey
  • 医学中央雑誌
  • メディカルオンライン
  • Pub Med
  • 各種電子ジャーナル
  • 今日の診療
  • Procedures consult

休暇ほか

休暇は、年次有給20日間/年、厚生5日間/年です。(厚生休暇の取得は7月~10月に限定)
公費による学会出張は、発表がない場合は年間1回、発表がある場合は5回まで認められています。
それ以上は、職務専念義務免除の扱いとなります。

後期研修

初期研修終了後は、是非とも当院の後期研修(3年間)で専門医としての一歩を踏み出して下さい。
(H30年度は13名中9名(歯科を含む)・H31/R元年度は15名中10名を当院後期研修医として採用)
H29年度より始まった「新専門医制度」では、内科・外科・小児科・救急科の4科について、各専門医養成プログラム・基幹施設となっています。