グローバルナビゲーションへ

本文へ

フッターへ


診療科・部門紹介

看護局


看護局長あいさつ

看護局長 辻村和美

岡崎市民病院 看護局長 辻村和美です。
岡崎市民病院は、地域の方々に頼りにされ選ばれる病院であるために、機能の充実・サービス向上に努めています。看護局は、自分の大切な人を安心して任せられる看護が提供できることを目標にしております。目標の実現のためには、大切な人財である看護職の育成が何より大切だと考えています。新卒看護師のみなさんが安心して成長していけるように力を注いでいる研修プログラムは、体験者から「選んでよかった」と、多くの称賛を受けています。
看護師という専門職の道は、穏やかな道ばかりではありません。ひとりでは進めないけれど、一緒に悩み、考え、喜び合う多くの先輩のサポートがあります。患者さんの笑顔、共に働く仲間の笑顔を励みにがんばっていきましょう。


看護局長 辻村和美


看護理念

患者さんの話を傾聴し、愛情と責任を持って看護します。

方針

  1. 患者さんのプライバシーと権利を尊重します。
  2. 患者さんが満足できる安全で安心な看護を提供します。
  3. 豊かな人間性と高い倫理観を養い、適確に判断できる看護職員を育成します。
  4. 病院経営参画を意識した業務改善を実践します。
  5. 他部門との連携を強化し、働きやすい職場環境をつくります。


 

本年度目標

 1)看護業務の効率化
    タスク・シフト/シェア、会議・研修の運営、看護職員の業務内容
 2)多職種連携の中で活躍できる看護師の育成
    接遇・マネジメント力・スペシャリストの支援
 3)安全・安心な職場環境の整備
    看護業務手順の見直し、ハラスメントの撲滅


看護方式と教育体制

看護方式 PNS(パートナーシップ ナーシングシステム)

2人の看護師が安全で質の高い看護を共に提供することを目標に、良きパートナーとして対等な立場で互いの特性を活かし、相互に補完し協力し合って、毎日の看護ケアをはじめ、委員会活動・病棟内の係の仕事に至るまで1年を通じて活動し、その成果と責任を共有する看護体制です。

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。

看護体制 7:1
病床数 680床
所定年間休日数 123日 年次休暇20日 (平均取得日数13日程度) 夏期厚生休暇5日
勤務体制 3交代・2交代
勤務時間 3交代  日勤 8:30~17:00
深夜勤 0:30~9:00
準夜勤 16:15~0:45
2交代 日勤ロング 8:30~21:30
夜勤 20:30~9:30

教育体制

新人看護職員の教育目的
  1. 基本的な看護手順に従い必要に応じ指導や助言を得て看護を実践する
  2. 社会人・看護職員・公務員としての自覚と責任のある行動がとれる
  3. PNSを理解し、ペア・パートナーとして役割を果たすことができる
新人の1年間の研修内容
シミュレーション研修を1ヶ月間、その後ローテーション研修を取り入れ、リアリティショックを緩和しています。ローテーション研修中も1回/週、集合研修を行い基礎看護技術の習得を図っています。
また、各セクションに実地指導者や教育担当者を配置し、チームとしてのサポート体制をとり、セクション全体で新人看護職員の指導・教育を実施しています。医療安全・感染管理研修や看護技術・スキルアップ研修など様々なプログラムを準備しています。
4月・5月
ローテーション研修 1期
オリエンテーション
シミュレーション研修
ローテーション研修(内科系・外科系・中央部門)
与薬・看護記録
口腔ケア
酸素/吸引
静脈注射・ミキシング/輸液ポンプ
褥瘡予防対策
採血・血糖測定
リフレクション/PNS
6月・7月
正式配置 2期
新人は6週間、指導者と受け持ちをする
浣腸・摘便
導尿・膀胱留置カテーテル
BLS研修

8月・9月
正式配置 3期
日勤ペアで業務開始
※2期の行動指標にすべてチェックが入ったら開始
多重課題
麻薬/経管栄養
多重課題
安全な輸血
対人コミュニケーション
10月~ 4期 夜勤を開始する
※3期の行動指標にすべてチェックが入ったら開始

フィジカルアセスメント初級
接遇研修
2月 担当看護師の役割
リフレクション
看護過程
日勤の2日間で1年間の最終確認

新人研修

シミュレーション研修         (フィジカルアセスメント)

ローテーション研修(手術室)

シミュレーション研修(輸血)

キャリア開発プログラム

1人ひとりの能力開発のために、段階に応じたキャリア開発プランがあります。8年目以上は達人を目指せるように、段階をおった研修プログラムを準備しています。また、認定看護師による院内講演会を開催し、自主的に学ぶ環境があります。個人の目標達成のために、院内・院外研修にも積極的に参加を促しています。

レベル目標 あるべき姿

              あるべき姿
レベルⅠ 岡崎市民病院の看護職員として、助言を得ながら手順やマニュアルを守って行動することができる
レベルⅡ 患者を全人的にとらえ、手順やマニュアルに沿って安全・安楽な看護を提供できる
レベルⅢ ・自立した看護師として患者の個別性を考えた看護が実践できる
・セクション内の人々と協働し、看護チームやセクションの係でチームリーダーとして
 リーダーシップ能力を発揮することができる
・所属するセクションの特殊性を理解し、指導的な役割が遂行できる
レベルⅣ ・3次救急、がん、地域包括ケアなどに関する豊富な知識と経験を活かして、幅広い視野を持って結果を予 測しながら質の高い看護が実践できる
・客観的評価を用いてセクションでの課題が明確にでき、周囲の人々と改善策を考えることができる
・所属するセクションの教育プログラムに参画し、課題解決ができる
・自己のキャリアデザインにあわせて行動できる
レベルⅤ ・複雑な状況において、意思決定を支援しながら最適な手段を選択し、その人らしくQOLが高められるた めの看護が実践できる
・所属するセクションを越え、看護局や病院から求められる役割を遂行できる
・所属するセクションの課題を解決できる
・看護局の教育事業計画に参画し、課題解決ができる
研修項目
ニーズをとらえる力 フィジカルアセスメント・看護過程・看護理論など PNS研修
看護研究発表会
ナーシングスキル
SafetyPlus
ケアする力 新人医療安全研修・褥瘡対策・5大疾患(がん、脳卒中、糖尿病、認知症、心筋梗塞)の看護・災害看護など
協働する力 対人コミュニケーション・多職種研修・地域包括ケアシステム・社会保障制度など
意思決定を支える力 意思決定の支援、倫理的課題の検討、オンデマンド研修など
自己研鑽
組織的役割遂行能力
キャリア教育・接遇・社会人基礎力・ストレスマネジメント・リーダーシップ・指導者育成・看護管理など
     その他:日本看護協会・愛知県看護協会主催の研修など、出張費が支給されるものもあります。

矢印

認定看護師・専門看護師・看護教員など、本人の希望でスペシャリストへの道も開けます!

当院で活躍中の認定看護師・専門看護師

専門看護師
母性看護(1名)
がん看護(2名)
家族支援(1名)

認定看護管理者(3名)

看護局の活動

令和3年度・キャリア開発ラダーレベルⅢ認定証が16名に渡されました!

ラダー承認委員会の認定により、ラダーⅢの認定証をいただきました。承認試験で日頃の看護をプレゼンテーションし振り返りができました。緊張の中、自分のキャリアアップのためにがんばりました。

令和3年度 看護局がんばったで賞!
病院のため、患者さんのために貢献したセクションを表彰しています。

令和3年度 PNS頑張ったで賞
 「令和3年度 PNS実践報告会」で優秀な成績をおさめたセクションが表彰されました。
 ♡外来診療科
 ♡周産期センター母性
 ♡4階北病棟
  おめでとうございます!
  congratulation!

令和3年度も9セクションが受賞しました。
〇緩和ケア病棟・6階南病棟  ZOOM面会を推進
〇6階南病棟 24時時点の病棟患者数NO.1!
〇4階北病棟 夜間の緊急患者さんの受け入れNO.1
〇5階北病棟 病床利用率  NO.1!
〇6階北病棟・7階北病棟 柔軟な新規入院患者受け入れ
〇7階南病棟 口腔内環境の改善
〇手術室 褥瘡予防推進
〇内視鏡センター 看護記録のテンプレート化

令和3年度 看護研究発表会

令和3年11月27日、第47回看護研究発表会が開催されました。今年度は8題の看護研究発表が行われました。
最優秀賞は、「糖尿病関連のインシデント「ゼロ」を目指して~インスリンオーダーシステム導入による成果と課題~」を糖尿病看護認定看護師の三浦恵子さん。
優秀賞は、「18トリソミー児と家族から学ぶグリーフケアの重要性」で周産期センターNICUの加藤仁美さん。
プレゼンテーション賞は、「サルコペニア・フレイルの知識を身につけるために行った学習会の効果を知る実態調査「体重を測ろう!」の7階北病棟の成田このみさん、と最優秀賞、優秀賞のお二人がダブル受賞しました。
また、今年度は、新たに看護局特別賞として、「消化管ドレーン留置固定における皮膚トラブルの原因についての検討」で5階北病棟の大屋奈央さん。
看護局努力賞として、「入院説明コーナーに関する病棟看護師の理解状況と今後の課題」の患者支援部門の貴嶋優子さんが受賞されました。
後日表彰式を行い、看護局長から賞状と記念品を授与しました。
今回の看護研究発表会は初めてハイブリッドで開催し、チャット機能で質疑応答を行うなど新たな開催方法を試みました。コロナ禍でICTを活用して開催できたことも、職員にとっては新鮮であり、有効な開催方法であったと思います。看護研究発表会は他病棟の看護活動を知ることで自分の看護を振り返ることができます。また、新しい知識を得ることで刺激を受け自部署の課題を見つけることができる良い機会になったと思います。

看護研究発表会受賞者のみなさんです。がんばりました。

施設見学

COVIT-19の感染拡大を受け、インターンシップは受け入れを中止しています。しかし、患者さんに触れない施設見学は適宜行っています。実際の様子を見て、雰囲気を感じてもらえる数少ないチャンスです。

感染対策を確実に行い、今後も集合研修の実施・施設見学の案内などを行っていきます。

市民との交流活動

ふれあい看護体験

5月12日は、フローレンス・ナイチンゲールの誕生日です。ナイチンゲールが近代看護を築いたことで5月12日を「看護の日」と定められました。これからの高齢社会・介護社会を支えるために社会の皆さんと看護者がケアの心・助け合いの心を分かち合うために、毎年5月12日を含む日曜日~土曜日までを看護週間としております。
そこで、当院では5月12日頃にふれあい看護体験を実施しております。皆さんに簡単な看護を体験していただき、私たち看護師と交流を持っていただきたいと思います。 看護について興味をお持ちの方は、ぜひふれあい看護体験に参加してみてください。

高校生1日看護体験

「高等学校の生徒に、実際の看護の場を体験する研修を行うことにより、これからの社会を担っていく世代に看護の心を理解してもらうとともに、この体験を契機として看護職を志望する者の増加を図る」ことを目的として愛知県が主催して行われています。
毎年、夏休みの時期に行われ、30名くらいの高校生が白衣を身にまとい未知の世界を体験することで、看護の道に進もうと意欲を膨らませています。
看護は病める人の心を癒し、人と人のふれあい・助け合いの仕事です。若い力をこれからの社会に生かすために、高校生の皆さん一度体験してみてください。

中学生職場体験

中学生が勤労体験を通して働くことの尊さや意義を知り、将来の仕事の選択に生かし、社会のルールやマナーの大切さを学習するために数校の中学校から訪れております。
お母さんが看護師をしているので自分も将来看護師になりたい、病院の仕事に興味がある、という中学生が研修に来ています。

TOP