グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  看護局 >  看護部門紹介

看護部門紹介


緩和ケア病棟

緩和ケア内科

緩和ケア病棟は、苦痛な症状を和らげ、その人らしく生きることを支援する専門の病棟です。病気が進行してご自宅で生活ができなくなった方だけでなく、症状緩和や在宅調整、レスパイトなど様々な目的での入院をお受けしています。
患者さんやご家族にとっての一日一日が少しでも良い時間となるよう、ホスピタリティを大切にし、多職種で密に連携を取りながら医療・看護を実践しています。
実践している医療・看護については、定期的に多職種カンファレンスを開催し、亡くなられたご家族による遺族調査、病棟スタッフによる自施設評価を行い、質向上に向けた取り組みをしています。
また、今年度より「教育プログラム」を作成し、緩和ケア病棟で働く看護師がチームの一員として専門的知識を持ち、役割が担えるよう教育体制を整えました。患者さんやご家族の安心感につながる看護実践を目指しています。

8階北病棟

血液内科・腫瘍整形・整形外科・内分泌内科

血液内科は、「血液」の分野に関わった疾患を持った患者さんを対象にしています。赤血球・白血球の異常、造血器腫瘍、骨髄系の腫瘍などの疾患に対し、化学療法・輸血・放射線療法・造血幹細胞移植などの治療を中心行っています。クリーンルーム(無菌室)があり、長期間、病と闘う患者さんもいらっしゃいます。
腫瘍整形外科は、原発性骨・軟部腫瘍、各種臓器がん・造血器腫瘍に由来する転移性腫瘍などの疾患に対し、手術・化学療法・放射線療法の治療を行っています。
内分泌内科は、糖尿病、原発性アルドステロン症、下垂体機能低下症などの疾患を抱える患者さんの治療や検査、手術療法を行っています。
整形外科は、骨折や人工関節手術の患者さんが原因で寝たきりになってしまわないように入院直後から筋力の低下を予防し、早期にリハビリ転院や自宅退院ができるように援助しています。
私たち看護師は、思春期から老年期までライフサイクルに合わせ、医師・薬剤師・理学療法士・管理栄養士・臨床検査技師・地域連携室など色々な職種のスタッフと一緒に、治療をしている患者さんとご家族の方々の思いに寄り添い、安心して入院生活が送れるように援助をしています。

7階南病棟

整形外科・頭頚部外科・耳鼻咽喉科・皮膚科

整形外科患者さんの多くは、転倒や外傷により骨折される方が多く、緊急入院・手術となります。また、膝関節・股関節疾患に対する人工膝関節・人工股関節置換術や、脊椎疾患に対する手術を受けられる方も見え年齢層も幅広く疾患・症状も様々です。手術や痛みへの不安・退院後の生活や社会復帰への不安を抱える患者さんに対し、意向を確認しながら多職種でカンファレンスを行っています。問題解決に向けて患者さんが安心して過ごせるように、多職種で検討することで良い看護・医療の提供に繋がるようチーム医療の充実を目指しています。
耳鼻科疾患の患者さんは、主に抗がん剤・放射線治療を目的にして入院します。症状の変化に合わせ入院が長期に及び、定期的に入退院を繰り返すこともあります。患者さん一人ひとりと向き合い希望や思いを共に考え、個別性のある関わりからその人らしい生活が出来るよう看護・治療に努めています。
皮膚科疾患の患者さんは、皮膚がんや、皮膚蜂窩織炎などの皮膚の局所的な炎症により抗生物質の投与、軟膏処置が継続的に必要となることがあります。自宅に帰ってからもセルフケアが行えるように、創部の洗浄方法や軟膏処置などの指導を行っています。退院後は、外来でセルフケアが継続できているかなどを確認し、継続看護の充実に向けて力を入れています。
様々な患者様が入院されています。認定看護師や専門のチームなど多職種で連携をとり、患者さんの目の前にある問題解決に向け一致団結して取り組んでいきます。

7階北病棟

泌尿器科・神経内科・腎臓内科

泌尿器科では、1日に2件~6件の検査や手術が行われており、前立腺針生検は前日入院を当日入院として、2泊3日の入院が1泊2日の入院へと短縮されています。昨年度から手術支援ロボット「ダヴィンチ」による手術を行い、身体への侵襲を少なくし、術後の経過が良好となるように努めています。排泄自立支援にも力を入れており、排泄機能訓練士による排尿支援チームを立ち上げました。膀胱留置カテーテル抜去後の下部尿路障害に対し、骨盤底筋運動や自己導尿の指導をすすめています。
神経内科では脳卒中の患者が多く、急な発症のために様々な不安を抱えながら治療を受けられていると思います。神経難病の患者さんも増えており、脳卒中の患者さんと同様に身体障害を伴うことも多く、医師をはじめとした多職種で協働し治療や援助を行っています。また、退院後の生活や転院調整などを専門とする看護師が相談にあたり、外部の支援事業者とも連携を取り、患者さんやご家族に支援を行っています。
患者さんやご家族に安心して入院していただけるように、スタッフ一同チームワークよく医療を提供できるように努めていきます。

6階南病棟

脳神経外科、脳神経内科、歯科・口腔外科

脳神経外科、脳神経内科、歯科・口腔外科
脳神経外科・口腔外科では、手術・検査前後の患者さんを中心に、不安なく安心して治療が受けられるように援助しています。また、脳神経内科・脳神経外科では脳卒中の患者さんを急性期から受け入れる脳卒中ユニットを有しています。脳卒中の患者さんは、超高齢化、また若年の方でも生活習慣の影響で今後増加すると予想されています。脳血管障害のある患者さんは、脳の障害部位により、様々な症状が出現し後遺症の心配もあります。発症早期から医師・看護師・理学療法士・地域医療連携スタッフ・薬剤師で、患者さんができるだけ早く日常の生活に戻ることができるように援助しています。明るく元気なスタッフが多く、患者さんの回復を皆で喜び、患者さんに元気をもらいながら笑顔が絶えない病棟です。

6階北病棟

婦人科・乳腺外科・消化器内科・内分泌内科・腎臓内科

婦人科では子宮筋腫、卵巣腫瘍、子宮がん、卵巣がんなどの婦人科疾患の手術、化学療法、緩和ケアを受ける患者さんの看護を行っています。また、周産期センターと連携をとりながら合併症や切迫流早産の妊婦さんの看護も行っています。
乳腺外科では、乳がんの手術、化学療法、放射線治療、緩和ケアを受ける患者さんの看護を行っています。令和2年5月より乳腺外科外来が開設され、病棟と外来の一元化も開始しました。また、乳腺サロンやリンパ浮腫外来も同時に開設されており、患者さん同士の交流やセルフケア・治療の相談ができるようにしています。
消化器内科・腎臓内科・内分泌内科は、教育入院や検査入院の看護を行っています。
入院患者さんはほぼ100%女性です。女性病棟として患者さんに安心して療養生活を送って頂けるようプライバシーの配慮に努めています。また、外来と病棟のスタッフが連携し、意思決定支援や継続看護の充実を図り、質の高い看護の提供を目指しています。

5階南病棟

外科・形成外科・消化器内科

外科の主な疾患は、消化器及び内分泌系疾患です。食道・胃・大腸・甲状腺などの手術療法を目的とした患者さんが入院されます。患者さんの心身の負担を少なくするようにと、侵襲の少ない腹腔鏡で行う手術や、昨年度からは手術支援ロボット手術「ダヴィンチ」による手術を行っています。手術を受ける患者さんの不安を少しでも軽減できるように、手術前から退院後の生活を考え、患者さんや家族の必要とするケアの指導や支援を行っています。
形成外科は、熱傷、難治性皮膚潰瘍、褥瘡などの創傷処置を行いながら、患者さんや家族に退院後の処置方法の指導や生活管理指導を行っています。
消化器内科の患者さんは、検査目的や消化器症状の発症で緊急入院される方もみえます。治療や処置に加えて、身体的な苦痛や精神的な不安の軽減に努めています。
内科・外科混合の急性期の患者さんが多い病棟ですが、看護師同士の連携に加え、多職種との連携も図り、一人ひとりの患者さんに寄り添った看護を目指しています。

5階北病棟

消化器内科・呼吸器内科

消化器内科は、検査や治療目的で入院される方、また急な消化器症状で緊急入院される方が多く、日々内視鏡検査が行われています。また、がん患者さんも多く、化学療法や症状緩和を目的に入院される患者さんもみえます。
呼吸器内科は、気管支鏡検査や、化学療法をされる方などが入院されています。
入院時から患者さんやご家族の希望を傾聴し、退院後の生活を見据えた看護援助ができるように努めています。また、5階北病棟は、当院の看護体制「パートナーシップ・ナーシング・システム」のモデル病棟です。日勤帯は、看護師がペアでベッドサイドに伺います。安全で質の高い看護を提供できることを目的にパートナーとして対等な立場でお互いの特性を活かし、お互いに補完し協力して看護ケアを行っています。

4階南病棟

呼吸器内科・呼吸器外科・循環器内科

呼吸器内科は、気管支鏡による精密検査を行い、疾患の確定診断を行っています。肺がんの抗がん剤治療や放射線治療の他に、喘息や肺炎の治療、在宅酸素療法の準備をされる患者さんが入院されています。在宅医療に対して不安や疑問がある方には、訪問看護や訪問リハビリなどの在宅療養を支えるサービスについて情報提供しています。
呼吸器外科は、肺がんの手術や気胸のドレナージ治療や手術療法を行う患者さんが入院されています。胸腔鏡を用いた切除手術が主となり、入院期間も短く患者さんの負担も軽減されてきています。
循環器内科は、心臓カテーテル検査目的や心不全の患者さんが入院されています。心不全の患者さんは在宅で薬や水分制限などの管理が重要なため、自宅での生活指導も積極的に行っています。
4階南病棟では理学療法士が毎日リハビリテーションを行い、日々多職種でカンファレンスを行い、患者さんの退院後の生活を見据えて情報共有しています。看護師間だけでなく多職種との風通しが良く、笑顔が絶えない病棟です。

4階北病棟

小児科・小児外科

4階北病棟は、小児病棟で0~15歳までの患児が入院しています。また、令和3年1月からは、眼科の入院も受け入れるようになりました。
急性期・慢性期の治療、育児入院や在宅移行への援助を行っています。PICUの設備もあり、重症患児や呼吸管理を必要とする患児も受け入れています。令和2年4月より小児科外来と一元化したことにより、さらに情報を共有し継続看護につなげていきます。
病棟には専任の保育士が常駐しており、保育の専門的立場でのサポートも整っています。患児と一緒に遊び、「楽しい」と思える時間を過ごしてくれるため、心強いチームメンバーです。季節に合わせて病棟の飾りも考えてくれています。現在はコロナウイルスの影響で中止となっていますが、季節ごとのお楽しみ会も毎回好評です。また、入院生活が長くなる場合は、小・中学校の院内学級で授業を受けることができます。
看護師・医師・保育士などチームが協同して、「遊び」を取り入れたケアの提供を実践しています。
こどもの好きな、笑顔いっぱいのスタッフが毎日頑張っています。

循環器センター

循環器内科・心臓血管外科

循環器センターに入院される患者さんは、狭心症・心筋梗塞、弁膜症、心不全、不整脈、大動脈瘤、急性大動脈解離など心臓や血管系に疾患を抱えています。そのため心臓病教室を通して疾患のこと、栄養のこと、お薬のこと、心臓リハビリ、日常生活のことについてお話させていただいています。また、循環器内科と心臓血管外科、麻酔科、看護師、理学療法士、薬剤師等が多職種で協働する「岡崎ハートチーム」を作り、身体への侵襲を少なくする治療への取り組みも開始しています。令和2年11月よりTAVI(大動脈弁狭窄症に対するカテーテル治療)も開始されました。令和3年3月末の時点で5名の患者さんがこの治療を受けられています。

超高齢化社会を迎え心不全患者の増加が予測されています。心臓疾患を抱えながら退院される患者さんに対し、心不全サポートチームとして、様々な職種のスタッフと連携し、患者さんの入院中から自宅療養をサポートできるように「心不全ポイント」についてお話させていただいています。「心不全ポイント」を患者さんご自身またはご家族で評価していただき、状態の変化に気づき早期の受診へつながるようにしています。今後は、地域ともこの「心不全ポイント」を共通で使用することで、自宅での生活が少しでも長く続けられるようにしたいと考えています。


2階西病棟

内分泌内科・腎臓内科・眼科

糖尿病、原発性アルドステロン症・下垂体機能低下症、腎不全、ネフローゼ、白内障などの疾患を抱える患者さんが入院しされ、治療や検査、手術療法を受けています。
末期腎不全では、腎臓の代りを担う治療法として血液透析が一般的ですが、当院では生活の質の維持や在宅での療養継続のため、腹膜透析を推奨しています。患者さんの腹膜透析の手技獲得は、看護師の役割となっています。また、在宅での療養が良好に安心して継続できるように、外来看護師や訪問看護師との連携をとっています。
内分泌・糖尿病内科、腎臓内科はどちらも慢性疾患のため、医療者が患者さん・ご家族と共に歩む医療を大切に、医師・看護師・薬剤師・管理栄養士・臨床検査技師・理学療法士などのチームでのサポートを行っています。
眼科の患者さんは、白内障の手術を行い、今まで見えなかったものが見えるようになって退院されます。
ベストな医療が提供できるよう、多職種が刺激しあいながら、より良い医療を目指しています。

集中治療センター

ICU・CCU・HCU

集中治療センターでは、手術直後の患者さんや、人工呼吸器や人工心肺装置装着中の患者さんなど、重篤な状態の患者様に対し、24時間体制で集中的に治療や看護を提供します。
看護師は、医師を中心とする医療チームの一員として、患者さんの微細な状態変化から重篤化を予防し、身体的な苦痛を最小限に抑えるよう、看護を実践しています。自分が身につけた最新の知識・技術を、スタッフ同士で教えあうことで常にレベルアップをはかることに力を入れています。
そして、より早期に社会復帰できることを目指し、医療チームの様々な専門職と協同して、リハビリテーションに取り組んでいます。また、コロナ禍の面会制限の中、家族に代わる心理的支援や不安や悩みを抱えている家族に対しても情報提供や相談対応できるように取り組んでいます。集中治療室は特殊な環境だからこそ患者さん・ご家族が安心して治療・看護が受けられる雰囲気づくりや環境づくりを心がけています。

手術室

当手術室は、急性期中核病院として、365日24時間体制で緊急手術にも対応しています。
2020年度の総手術件数は、5328件(うち緊急手術872件)で、手術室スタッフは多種多様な手術対応を行っています。
手術室数は13部屋を有し、腹腔鏡下でのがん手術やハイブッリット手術、2020年度から、患者さんへの手術侵襲が少ない手術支援ロボット「ダヴィンチ」を用いた手術やや経カテーテル弁置換術(TAVI)を導入しています。
私たちは、医師・看護師・コメディカルなど、多職種と連携を図りながら看護援助を行っています。術前や術後に患者さんへの訪問を出来る限り行い、患者さんや御家族の思いや要望を取り入れ、少しでも安心して手術を受けて頂けるように取り組んでいます。また、手術中は麻酔によって自分で動けない状態のことが多いため、様々な除圧道具を使って安楽な体位を整え、保温の工夫を行い、安全な看護提供に努めています。

NICU

NICUとはNeonatal Intensive Care Unitの略で、新生児集中治療室の事を言います。当院のNICUは、NICU6床、GCU(Growing Care Unit:新生児治療回復室)17床を備え、地域周産期母子医療センターとして、愛知県西三河南部東医療圏の周産期医療を担っています。
NICUでは、在胎週数36週未満や出生体重2300g未満の赤ちゃん、出生直後から治療を必要とする院内・院外で出生した赤ちゃんの受け入れをしています。超低出生体重児(1000g未満)や極低出生体重児(1500g未満)をはじめ、新生児仮死や先天性奇形、呼吸障害などの未熟児・新生児に対し、24時間体制で呼吸循環管理を主とした集中治療を行っています。
ハイリスク分娩には、NICU看護師が小児科医師と共に立ち合い、出生直後からのケアを行っています。未熟児に対しては、保育器内の環境をお母さんのお腹の中に近い環境に整えることで成長・発達を促しています(ディベロップメンタルケア)。ポジショニング(体位の調整)を行い、保育器の上にカバーをかけ(照度調整)、モニターなどの環境音を最小限にする(環境音調整)などを行っています。また、NICUでは赤ちゃんとご両親との愛着形成の構築のために、ご家族との関わりを大切にしています。早期より両親に赤ちゃんへのタッチングをお勧めしています。これは赤ちゃんにとっても情緒が安定し眠りが深くなり、発達を促すなどの効果があると考えられています。タッチングを行うことで赤ちゃんの反応や個性の理解が深まり、愛着形成が促進すると言われています。
私たちは、入院中から退院後の生活を見据えた支援を行っています。退院後の赤ちゃんとご家族の育赤ちゃん・生活環境を確認しながら、自宅での生活がスムーズに行えるように、育児支援を行っています。赤ちゃんがお腹にいる時から、退院後も切れ目ないケア・支援を目指し、赤ちゃんやご家族が安心・安全に過ごせるように、看護師・医師・臨床心理士・社会福祉士などが協働し、医療と看護の質を高めるように努めています。

周産期センター母性

当院は愛知県西三河南部東医療圏の地域周産期母子医療センターに指定されており、地域における周産期医療の充実に日々努力しています。周辺の病院からの母体搬送依頼も多く、ハイリスクの妊産婦さんを受け入れています。緊急搬送された妊産婦さんが、少しでも安心して出産に臨むことができるよう、医師と協働しながら看護を行っています。
正常分娩はもちろん、それ以外に産科合併症や胎児異常の妊婦、社会・経済的問題を抱えた妊婦を含めたハイリスク妊婦・産婦・褥婦の全身管理を行っています。産後は母乳育児の指導を中心に母子のケアを行っています。退院後不安なく育児ライフが過ごせるように、アドバンス助産師や母性看護専門看護師による継続した育児相談を行っています。
さらに、産婦人科は、令和2年4月より病棟と外来の一元化を開始しました。入院治療の短期化により、外来での医療・看護の重要性が増しているため、病棟勤務の看護師や助産師が外来で保健指導や診察介助を行っています。病棟と外来のスタッフが一丸となって、より質の高い看護の提供を目指しています。

外来診療科・西棟外来

外来には1日約1000人の患者さんが来院されます。紹介患者さんを中心に、高度医療を必要とする患者さんを対象とした診察・外来手術・化学療法・放射線療法など、様々な医療の提供を行っています。特に西棟外来には、がん化学療法看護認定看護師をはじめとして、放射線治療室にがん放射線治療看護認定看護師、内分泌・糖尿病センターに糖尿病看護認定看護師が在籍し、専門的な知識を生かしスタッフと連携を取り合いながら通院治療する患者さんに寄り添った看護を提供しています。また、地域包括ケアが推進されている中、患者さんの生活に目を向けて、患者・家族が在宅で安心して療養を続けられるように、他部門とも協力しながらチーム医療の活性化に努めています。
地域医療の要となる病院の外来部門として、災害時の備えを整え、感染防止に細心の注意を払い、どの様な状況においても、患者さんに適切な医療が提供できるよう、心掛けています。

救命救急センター

ER・ECU

岡崎市民病院救命救急センターでは、愛知県西三河南部東医療圏の「救急医療最後の砦」としての責務を果たすべく活動を行っています。
新生児から、高齢者に至るまで幅広い重症救急患者も対象としており、また院内トリアージを行うことで緊急性の判断や速やかな初期治療につなげています。
最先端医療を駆使し、かつ各専門診療科の協力も得ながら、24時間365日休むことなく、すべての救急患者さんの対応を行っています。
新型コロナウイルス感染症に対しては、呼吸器内科をはじめとした他部門との連携のもと、重症症例を中心に診療にあたっています。
医師を含めた多職種とのコミュニケーションを大切にしながら協力し合い、患者さんの満足につなげられる救急医療・看護を提供できるよう、日々取り組んでいます。

内視鏡センター

内視鏡センターが開設されて6年となります。患者さんが不安なく安心して検査や処置を受けて頂けるよう、日々看護技術を磨いています。また感染対策も十分とり、清潔で気持ちのよい環境作りを心掛けています。内視鏡検査は苦痛が伴うものですが、少しでも安楽に検査が終えられますよう専任の看護師と医師や放射線技師等と相互協力しながら、安全安楽を第一にサポートしています。
当センターのスタッフの適切な看護と笑顔、そして日々知識向上のための学習をして、皆さまが安心して検査を受けて頂けるように努力しています。

入院支援部門

令和2年6月より入院説明コーナーが正面玄関に設置されました。もうすぐ1年を迎えますが、これまで多くの患者さんに不安なく、安心して入院生活が送っていただけるよう入院支援に取り組んでまいりました。疾患の治療や検査のために入院する患者さんが、入院前から入院生活をイメージし、入院に対する不安が軽減できることを目指しています。患者さんのニーズに合わせて、様々な医療職が介入し、退院後の生活を見据えた支援に繋がるように促しています。入院中や退院後の問題を早期に予測し、適切な医療や看護を受けられるようにしっかりお話を聞かせて頂いています。スタッフ皆、笑顔で業務に取り組んでいます。

患者支援部門:がん相談支援センター

がん相談支援センターでは、がん診療連携拠点病院として、地域の皆様の「がん」についてのご相談をお受けしています。がん患者様やご家族のがんについての理解を助け、療養生活や医療費のことなど、様々な相談に対応しています。患者様が安心・納得して治療や療養を受けていただけるようお手伝いさせていただきます。