グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  医療技術局 >  臨床検査室

臨床検査室


当検査室では、救命救急センターを備える西三河の中核病院臨床検査室として、様々な病態の患者様に対し、質の高いデーターを迅速に報告できるよう、常に心がけております。

受付・中央採血室

外来診療科を受診される患者さんの検査受付、採血業務、尿カップの受け渡し、入院患者さんの翌日の採血管準備などを行なっています。

生理検査

心電図・ホルター心電図・トレッドミルテストなどの心機能検査、脳波・筋電図などの神経系検査、肺機能検査を行なっています。またメタボリックシンドロームが引き起こす動脈硬化の検査や内臓脂肪の計測のための体成分分析も行なっています。

輸血検査

血液型検査や輸血の際に問題となる抗体の有無や種類を調べる検査、患者さん自身の血液を貯めて手術時に使用する自己血や献血からの血液の保管や管理などを行なっています。

一般検査

尿(蛋白・糖・潜血など)、便潜血、寄生虫、髄液、体腔液、精液などの成分を調べる検査を行なっています。

緊急検査

救急外来や急変する病棟患者さんに備え、24時間体制で検査に備えています。

生化学・免疫血清検査

肝臓、腎臓、甲状腺などの機能検査や腫瘍、心筋マーカーなどの検査を行います。

血液検査

貧血の検査や血液凝固・線溶検査、また骨髄液による白血病診断のための検査などを行なっています。

微生物検査

発熱・下痢・肺炎などの原因菌を調べたり、どんな抗生剤が効くかを調べる検査を行なっています。

病理細胞検査

採取された組織や細胞を顕微鏡で観察して、癌などの病気の診断・判定を行います。

認定資格・認定施設

認定資格

  • 日本超音波医学会認定超音波検査士
  • 日本臨床細胞学会認定細胞検査士
  • 認定輸血検査技師
  • 感染制御認定臨床微生物検査技師
  • 日本糖尿病療養指導士

認定施設

  • 認定輸血検査技師制度指定施設
  • 輸血管理料I認定施設
  • 日本病理学会研修認定施設
  • 日本臨床細胞学会認定施設

臨床検査を終了した検体の使用について

岡崎市民病院 臨床検査室では、日常診療の質の向上を目的として、検査の精度管理、新規検査の導入、機器の基礎的検討、医療従事者の教育・研修、異常値の原因解明、などを行っています。これらの研究を継続的に実施するのに欠かせないのが、患者さんから採取して臨床検査を終えた血液・尿などの検体(残余検体)の使用です。当検査室では、残余検体の一部を再利用させていただき、医学の発展に寄与したいと考えています。残余検体の再利用の趣旨をご理解いただき、ご協力賜りますようお願い申し上げます。

対象

岡崎市民病院 臨床検査室で臨床検査を終えた血液・尿などの検体(残余検体)の一部

目的

患者さんの個人情報を削除したうえで、下記の内容について利用いたします。
1. 精度管理、統計解析、基準範囲の設定、異常値検体の精査、新試薬と現有試薬の比較、測定法の改良と評価
2. 医療職員を対象とした教育・研修
3. 臨床検査データと臨床診断との関連性

倫理的配慮

残余検体の再利用については、「臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について -日本臨床検査医学会の見解-」を遵守したうえで行います。臨床検査終了後の廃棄予定の残余検体を使用するため、患者さんの生命、健康に直接影響を及ぼすことはありません。氏名、生年月日、住所、電話番号、ID番号などの個人情報はすべて匿名化した後に解析されますので、個人情報が漏れることはありません。
 研究成果は、医学の発展のために学会や学術論文等で発表させていただくことがありますが、その際も個人の特定が可能な情報はすべて削除いたします。研究にご協力いただけない場合でも、実際の診療内容には全く影響せず、診療上の不利益を受けることはありません。また、診療に必要とされる検体量以上を採取することも一切ありません。
 
以上の趣旨にご承諾いただけない場合は、お手数ですが採血室(岡崎市民病院代表電話:0564-21-8111)までお申し出ください。お申し出が無い場合は、ご承諾いただいたものと判断し、残余検体を再利用させていただきます。