グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  医療技術局 >  リハビリテーション室

リハビリテーション室


<基本理念>

地域の急性期中核病院としての早期リハビリテーションを開始し、他職種との連携のもと良質なリハビリテーションを提供します。転院、退院に至った場合は近隣の病院・施設などと連携を図り、必要な情報が共有できるように努めます。

理学療法

発症早期あるいは術後早期のリハビリに力を入れています。力をつける運動や立つ練習、歩く練習などの運動を行う運動療法、電気や温熱、マッサージ治療等を行う物理療法、生活に必要な基本動作や身の回り動作を総合的に獲得する日常生活練習等の手段を用いてアプローチします。歩行訓練に加え、呼吸リハビリ、心臓リハビリ、糖尿病患者の運動指導、がん患者のリハビリにも取り組んでいます。また、家庭や職場復帰するための準備としてそれぞれの状態に応じた適切な治療を継続できるよう医療連携を含めた体制を構築しています。

機能訓練室

心臓リハビリ室

作業療法

作業とは日常生活動作、家事、仕事、趣味等、人が営む生活行為をいいます。作業療法では基本動作能力(心身機能)、応用動作能力(日常生活動作)、社会適応能力(就労、就学)の3つの能力を維持・改善し、「その人らしい」生活の獲得を目標にします。「できるようになりたいこと」、「やりたいこと」などの目標を対象の方と共有しながらリハビリをしています。また、心身機能の回復や維持させる手段の一つとして、レクリエーションや創作活動を用いています。脳卒中による片麻痺や外傷による骨折に対する上肢や指のリハビリ、認知症のリハビリに取り組んでいます。

上肢機能訓練

言語聴覚療法

様々な疾患や事故、加齢などによって聞こえ、言葉、発音、食べること、記憶したり集中したりすることが苦手になることがあります。それらに対して検査・評価を実施し、必要に応じて訓練や指導を行い、患者さんが自分らしい生活を送ることができるように支援します。また、当院は飲み込みのしょうがいを詳しく調べることができる、VF(嚥下造影検査)とVE(嚥下内視鏡検査)を実施しています。一人でも多くの方に、食べる楽しみや喜びを感じていただけるようにアプローチします。

嚥下内視鏡検査

施設基準

脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅰ
運動器リハビリテーション料Ⅰ
呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
心大血管疾患リハビリテーション料Ⅰ
がん患者リハビリテーション料
廃用症候群リハビリテーション料Ⅰ

認定資格

3学会合同呼吸認定療法士
日本糖尿病療法指導士
心臓リハビリテーション指導士
日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
認知症ケア専門士
NST専門療法士
介護支援専門員

その他