グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム >  診療科・部門紹介 >  部門 >  がんセンター

がんセンター


平成31年4月1日に岡崎市は愛知県より「愛知県がんセンター愛知病院」の経営について移管を受けました。
その際にがん診療については岡崎市民病院が担うという覚書を締結しており、がん診療の機能を順次集約させています。

また、当院は厚生労働省より「がん診療連携拠点病院」の指定を受けました。今までも愛知県から国指定の「がん診療連携拠点病院」と同等の機能を有しているとして「愛知県がん診療拠点病院」の指定を受けていましたが、愛知病院の機能を集約することにより更なる機能強化をし、質の高い医療を提供していきます。

上記2点を受け、当院のがん診療担当部門の連携・協力体制を確固なものにすべく、院内においてがんセンターを立ち上げました。

がんセンター構成

センター長 鈴木 祐一(副院長)

各診療科の治療内容についてはこちらをご覧ください。
診断部門
放射線診断部門
病理診断センター

手術部門
低侵襲治療センター

薬物療法部門
腫瘍内科
外来治療センター

放射線治療部門
放射線治療室
がんサポート部門
緩和ケアチーム、緩和ケア外来
がん相談支援センター
・がん看護外来(準備中)

その他関係部門
地域医療連携室
臨床研究支援室
医療安全管理室

機能・統計等

院内がん登録

・セカンドオピニオン(準備中)

・緩和ケア研修会(準備中)